勉強ができる子の特徴

何かができるという人

勉強ができる人の特徴という題目で書いていますが、これは、スポーツなど他のできる人の特徴にも当てはまることできます。それは、後片付けができるということです。意外かもしれませんが、結構あてはまります。

授業の後にそれは表れる

一流のスポーツ選手が、試合後や練習後そうであるように、体のマッサージや道具の掃除をするルーティーンに似ています勉強や授業が終わったら、机をきれいにして、席を立つことから始まります。自宅でも実践します。後片付けは、それに留まりませんよね。食後に食器を片づける。もしくは、洗ってもとの位置に戻す。靴を脱いだら、揃えて靴箱に入れる。鞄の中は、いつも片付いている。そんな小さな習慣かもしれませんが、それをルーティーンとして、無意識にできているわけです。

後片付けは頭の中もしている

何事の後片付けができる人は、頭の中の後片づけもしています。つまり、復習と言っていもいいかもしれません。自然と、たとえば、学校の帰り道に、今日習ったことを整理しています。思い出しているわけですね。そういう人は、気になったことが出てくれば、帰宅後、教科書やノートを開き確認しているわけです。

勉強ができない子が、勉強をできる子を見て思うのは、「なぜこの子が勉強ができるのだろう」と思ったとき、勉強を一生懸命しているからだと決めがちですが、上記の日々の無意識の行動の差なんですね。ですから、勉強ができる当の本人は、一生懸命、勉強しているといった感覚もない人も少なくありません。そういう無意識の行動で、自然と身についていることが多いんですね。

いつも教室を掃除をして、帰宅する僕にとって、机の上に消しゴムのかすや忘れ物がある人は、なかなか成績は伸びていきません。これもちゃんと後片付けしているかに通じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

勉強する理由