子どもに教師や先生が使ってはいけない言葉

先生が使ってはいけない言葉や先生が言ってはいけないことば存在すると思っています。

未来はわからない

未来はわからないわけだから、子どもたちには、無限の可能性があるわけだから学校の先生や塾の先生そして親が「こうすべき」または、「それが正しい」というような発言は控えてほしいと思います。さらには、「わからない」と正直に言うことも大切です。

言葉の力

そもそも、我々が育った時代とは大きく異なります。私たちが、育てられた時代と違うわけですから、私たちが子どもだった時代の常識は、もはや非常識になっていることも多いです。

未来がどうなるかはわからないこそ、未来を肯定し、過去の成功体験にすがらず、今を精一杯に生きることは、全世代に言えることではないでしょうか。

我々、学校の先生、塾の先生、親たち、大人たちが言ったようにすれば、本当に幸せな人生が待っているでしょうか?確率論で語る人もいますが、人生をギャンブル化してはいけないと思うのです。

先生が使ってはいけない言葉や先生が言ってはいけない言葉というのは、決めつけた発言ということに集約されると思っています。これに集約されます。「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA